what is JPEGcrypto?

ジェイペグクリプトとは?

 JPEGcryptoは貴方がウェブサイトに表示した画像を他人が勝手に保存して再利用したり、拡散して不特定多数に閲覧される可能性を低減するユニークなインターネットサービスです。ワードプレスのプラグインとして提供されているので、閲覧者の端末に何かのアプリをインストールしなくても使えます。JPEGcryptoで閲覧可能な条件(表示許可するウェブサイト等)を指定して暗号化すれば特定のウェブサイトだけで画像が表示されます。なお、他人に送った後でも閲覧できないようにすることもできるため、自分の手を離れた画像もクリックひとつで閲覧禁止にできます。

ほぼ全てのブラウザで使えます
 JPEGcryptoはパソコンおよびモバイルのどちらでも、主要なブラウザほぼ全てでそのまま稼働します。あなたのサイトの閲覧者は追加で何かのブラウザ用プラグインやアプリをインストールする必要はありません。
ワードプレスのプラグイン(無料)
 JPEGcryptoはWordPress向けプラグインが無料で配布されています。ウェブサイトがWordPressで運用されている場合はプラグインをインストールするだけで難しい知識を必要とせず使えます。
グーグルクラウドで稼働
 JPEGcryptoサービスで最も重要な画像の暗号解除を担っているサーバーはGoogleのインフラストラクチャである「Google Cloud Platform」で稼働しており、セキュリティーも耐久性も世界最高レベルです。
スマートフォンでも使えます
 JPEGcryptoはレスポンシブ対応です。パソコンでの閲覧時だけでなくスマートフォンやタッチパッドでも稼働し、タッチパッドでの操作に対しても画像をしっかりと守ります。
RSA 4096-bitによる強固な暗号化
 画像は今日でもっとも強力な暗号化アルゴリズムのひとつであるRSA(キー長さ:4096ビット)で暗号化されます。このアルゴリズムで暗号化された情報を破るには数十年の時間と数十億円もの費用がかかると言われています。
導入の技術サポート
 JPEGcryptoの導入にあたって、ウェブサイトへの導入につき技術的なサポートが必要な場合はワードプレスが提供する掲示板やメールで導入をお手伝いをいたします。
お試しは無期限で無料
 サービスの有料プランを申し込む前にあらかじめご自身のウェブサイトで正常に稼働するか確認できるよう、アカウントを作成した方には毎月100回までの暗号解除処理が無料で提供されています。
人権擁護への利用は割引
 人権保護や未成年者保護を目的に当サービスを利用される場合には、通常のサービス利用料金よりも安い「人権保護割引き」の適用を受けることができます(詳しくはご相談ください)。

sample image

サンプルイメージ

 この画像は実際にJPEGcryptoで暗号化され、この画面に表示される際に暗号解除された画像です。この画像を保存できるか試し、JPEGcryptoの画像保護がどれだけ強力かみてみてください。また、ITエンジニアの方はGoogle ChromeやFirefoxに装備されたDeveloper Toolや、ハッキングに使うFiddlerを使ってHTMLソースを調べて画像を保存しようとしてみて下さい。これらのIT技術者用ツールを使っても、表示されている画像を保存しようとしても非常に困難であることがわかるでしょう。なお、画像の表面に薄く描画された文字(ウォーターマーク)には「表示有効期限」「表示された日時」「表示したクライアント」の情報が動的に記述され、これらの情報は画像のデジタルデータ内にも書き込まれているので、著作権者の許可なく再利用した場合は、誰が再利用したのか追跡することが可能です。

use cases

利用可能事例

公官庁・役所
市民の個人情報から始まり、国の政治や国防に関わる情報を保護します
企業
本人確認書類として受け取ったお客様の個人情報の流出を防ぎます
大学・研究機関
論文に使われる実験結果画像やエビデンス画像の無断転載を防ぎます
漫画家・イラストレーター
画像化した漫画やイラストの無断使用を防ぎます
写真家・映像作家
販売した画像の無断共有によるビジネスへの損害を防ぎます
広告代理店・ネット出版社
ネットに掲示した広告画像や記事画像の緊急配信停止を可能にします
芸能事務所・有名人
有名人やタレントが写った写真を無断で使用される肖像権の侵害を防ぎます
ブロガー
ブログに貼った画像を他人が無断転載しての利益の横取りを防ぎます
ネットショップ
コストをかけて撮影した商品画像をせどりに無断で使われることを防ぎます
画像のライセンシングビジネス
期限と表示可能URLを指定した暗号化画像を渡せば画像のレンタルが可能

introduction

導入方法

 あなたのウェブサイトにJPEGcryptoを導入する手順はウェブサイトがワードプレスで運用されている場合は非常に簡単です。JPEGcryptoプラグインをインストールするだけです。JPEGcryptoプラグインに装備された「画像の暗号化ツール」で画像を暗号化すれば、暗号化された画像が自動的にワードプレスのメディアギャラリーに保存されます。あとは通常のページ作成と同じように暗号化画像を貼れば、JPEGcryptoプラグインが自動的に画像を解析して暗号解除を適切に行います。


プラグインのダウンロード

FAQ

よくある質問


導入に関する質問

貴方のウェブサイトで使えるようにするまでに関する質問です。

機能と仕様に関する質問

機能と仕様に関する質問です。技術的な詳しい質問を含みます。

費用に関する質問

かかる費用とキャンセル方法にについての質問です。

その他の質問

その他の質問です。

monthly fee

月額料金(金額固定)


APIサーバー使用タイプ


 弊社で用意したAPIサーバーを使って暗号化済み画像の暗号解除を行うタイプのソリューションです。ご自身のウェブサーバーにはワードプレスのプラグインをインストールするだけでJPEGcryptoを使える簡単確実な形式です。

 毎月にコールできる回数の上限によって「スターター」「ベーシック」「エキスパート」の3種類のプランから選択できます。任意のタイミングでアップグレードもダウングレードも可能です(料金計算は日割り)。アカウント登録をするだけで月に100コールできる無料サービスが適用されますので、この無料サービスを用いてあなたのサイトで正常にJPEGcryptoが動作するかあらかじめ確認してから有料プランに申し込んで下さい。

無料でお試し スターター ベーシック エキスパート
月額料金 $0.00 $4.80 $14.80 $128.80
月間最大コール数 1,000 3,000 10,000 100,000
無料アカウント作成 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る


カスタムインストールタイプ


 ユーザーさんのサーバーを使って暗号化済み画像の暗号を行うタイプのソリューションです。イントラネット内からの情報漏洩を防ぐ場合に最適な選択肢です。ユーザーさんのウェブサーバーにJPEGcryptoシステムを個別にインストールすることによりJPEGcryptoを使える形式です。個別のインストールと設定変更が必要な場合があり、ユーザーさんのサーバーの状況によってはご利用いただけない場合があります。個別にご相談ください。


売り切り形式での販売: $1,480

 カスタムインストールにあたっては、暗号化と暗号解除を行うアプリケーションサーバーを立てる必要があります。アプリケーションサーバー自体はユーザーさんの費用負担および継続的管理で用意して頂く必要があります。用意していただいたサーバーにカスタムで暗号化と暗号解除を行うアプリケーションサーバーを構築します

Japanese
English Japanese