機械学習による画像認識

OpenCVのような機械学習に依らない画像認識ライブラリがあるにも関わらず機械学習で画像認識をする意義は何だろうか?前項でOpenCVの特徴で記載したように、OpenCVで画像を適切に認識させるためにはパラメータの設定や認識させる画像に対する要件が比較的厳しい。また、認識させる対象の種類によって特徴点データファイルを適切に選択する必要もある。

こういった利用時の制約から離れて、大雑把に汎用性がある画像認識を実現できる手法として機械学習が用いられることとなった。機械学習で画像認識をさせる場合には、認識させたい対象が写った画像を集め、それらをトレーニングデータとして(ざっくばらんに)モデルに与えれば、それなりの画像認識ができる。