OS (Unix, Windows, Mac)

TensorFlow(release 1.8現在)は下記のOSの64bit OSにインストールできるようサポートされています。

 

  • macOS 10.12.6 (Sierra) or later.
  • Ubuntu 16.04 or later
  • Windows 7 or later.
  •  
    また、TensorFlowは機械学習に使用される様々な処理を容易に呼び出せるようにしたライブラリであり、呼び出す言語は下記の言語に対応しています。

     

  • Python
  • Java
  • Go
  • C
  •  
    TensorFlowライブラリのインストールにあたっては、OSの上に仮想環境をインストールし、そこに対してTensorFlowをインストールすることが推奨されます(管理者権限が無くても追加ライブラリをインストールできるという簡便性)。

     
    自身の開発環境としてはLinux由来のOSであるmacOSがオススメと言いたいところですが、後述するようにTensorFlow release1.4からmacOS向けTensorFlowはGPU利用をサポートしなくなってしまいました。ですので、コードの記述をして挙動を確認するところまではmacOSで、計算処理能力を必要とするニューラルネットワークモデルの学習にはGPUを搭載したWindows PCもしくはクラウドのサーバーでというのが現時点での落とし所かと思います。

     
    このサイトではmacOSに仮想環境としてAnacondaを入れ、Python 3の環境を築いたうえでTensorFlow r1.8をインストールした前提で話を進めます。