tf.errors

Modules

 

None

 

Classes

 

AbortedError:

The operation was aborted, typically due to a concurrent action.
操作は中断されました。これは通常、並行処理によるものです。

AlreadyExistsError:

Raised when an entity that we attempted to create already exists.
作成しようとしたエンティティが既に存在する場合に発生します。

CancelledError:

Raised when an operation or step is cancelled.
操作またはステップがキャンセルされたときに発生します。

DataLossError:

Raised when unrecoverable data loss or corruption is encountered.
回復不可能なデータの損失または破損が発生した場合に発生します。

DeadlineExceededError:

Raised when a deadline expires before an operation could complete.
操作が完了する前に期限が切れると発生します。

FailedPreconditionError:

Operation was rejected because the system is not in a state to execute it.
システムはそれを実行する状態にないため、操作は拒否されました。

InternalError:

Raised when the system experiences an internal error.
システムに内部エラーが発生した場合に発生します。

InvalidArgumentError:

Raised when an operation receives an invalid argument.
操作が無効な引数を受け取ったときに発生します。

NotFoundError:

Raised when a requested entity (e.g., a file or directory) was not found.
要求されたエンティティ(ファイルやディレクトリなど)が見つからなかった場合に発生します。

OpError:

A generic error that is raised when TensorFlow execution fails.
TensorFlowの実行が失敗した場合に生成される一般的なエラー。

OutOfRangeError:

Raised when an operation iterates past the valid input range.
有効な入力範囲を過ぎて操作が反復されたときに発生します。

PermissionDeniedError:

Raised when the caller does not have permission to run an operation.
呼び出し元に操作を実行する権限がない場合に発生します。

ResourceExhaustedError:

Some resource has been exhausted.
一部のリソースが使い尽くされました。

UnauthenticatedError:

The request does not have valid authentication credentials.
要求に有効な認証資格がありません。

UnavailableError:

Raised when the runtime is currently unavailable.
ランタイムが現在利用できないときに発生します。

UnimplementedError:

Raised when an operation has not been implemented.
操作が実装されていないときに発生します。

UnknownError:

Unknown error.
不明なエラー。

raise_exception_on_not_ok_status:

Context manager to check for C API status.
C APIステータスをチェックするコンテキストマネージャ。

 

Functions

 

error_code_from_exception_type(…):

exception_type_from_error_code(…):