Pythonにデフォルトで装備されている関数


upper level

 

abs(x):

Return the absolute value of a number. The argument may be a plain or long integer or a floating point number. If the argument is a complex number, its magnitude is returned.
 
数値の絶対値を返します。引数として通常の整数、長整数、浮動小数点数をとることができます。引数が複素数の場合、その大きさ (magnitude) が返されます。

 

all(iterable):

Return True if all elements of the iterable are true (or if the iterable is empty).
 
iterable の全ての要素が真ならば (もしくは iterable が空ならば) True を返します。

 

any(iterable):

Return True if any element of the iterable is true. If the iterable is empty, return False.
 
iterable のいずれかの要素が真ならば True を返します。 iterable が空なら False を返します。

 

basestring():

This abstract type is the superclass for str and unicode. It cannot be called or instantiated, but it can be used to test whether an object is an instance of str or unicode.
 
この抽象型は、 str および unicode のスーパークラスです。この型は呼び出したりインスタンス化したりはできませんが、オブジェクトが str や unicode のインスタンスであるかどうかを調べる際に利用できます。

 

bin(x):

Convert an integer number to a binary string. The result is a valid Python expression. If x is not a Python int object, it has to define an __index__() method that returns an integer.
 
整数値をバイナリ文字列に変換します。結果は正常な Python の表現となります。 x が Python の int オブジェクトでない場合、整数値を返す __index__() メソッドが定義されていなければなりません。

 

bool(x):

A class. Return a Boolean value, i.e. one of True or False. x is converted using the standard truth testing procedure. If x is false or omitted, this returns False; otherwise it returns True. bool is also a class, which is a subclass of int. Class bool cannot be subclassed further. Its only instances are False and True.
 
標準の真値テストを使って、値をブール値に変換します。 x が偽か省略された場合、 False を返します; そうでなければ True を返します。 bool はクラスでもあり、 int のサブクラスになります。 bool クラスはそれ以上サブクラス化できません。このクラスのインスタンスは False および True だけです。

 

bytearray([source[, encoding[, errors]]]):

A class. Return a new array of bytes. The bytearray class is a mutable sequence of integers in the range 0 <= x < 256. It has most of the usual methods of mutable sequences, described in Mutable Sequence Types, as well as most methods that the str type has, see String Methods.
 
新しいバイトの配列を返します。 bytearray 型は範囲 0 <= x < 256 の整数のミュータブルなシーケンスです。これは、 変更可能なシーケンス型 で書かれているような、ミュータブルなシーケンスの通常のメソッドのほとんどを持ちますし、 文字列メソッド にあるような、 str 型が持つメソッドのほとんども持っています。

 

callable(object):

Return True if the object argument appears callable, False if not. If this returns true, it is still possible that a call fails, but if it is false, calling object will never succeed. Note that classes are callable (calling a class returns a new instance); class instances are callable if they have a __call__() method.
 
引数 object が呼び出し可能オブジェクトであれば、 True を返します。そうでなければ、 False を返します。この関数が真を返しても object の呼び出しは失敗する可能性がありますが、偽を返した場合は決して成功することはありません。クラスは呼び出し可能 (クラスを呼び出すと新しいインスタンスを返します) なことと、クラスのインスタンスがメソッド __call__() を持つ場合には呼び出しが可能なことに注意してください。

 

chr(i):

Return a string of one character whose ASCII code is the integer i. For example, chr(97) returns the string ‘a’. This is the inverse of ord(). The argument must be in the range [0..255], inclusive; ValueError will be raised if i is outside that range. See also unichr().
 
ASCII コードが整数 i となるような文字 1 字からなる文字列を返します。例えば、 chr(97) は文字列 ‘a’ を返します。この関数は ord() の逆です。引数は [0..255] の両端を含む範囲内に収まらなければなりません; i が範囲外の値のときには ValueError が送出されます。 unichr() も参照下さい。

 

classmethod():

Return a class method for function. A class method receives the class as implicit first argument, just like an instance method receives the instance.
 
function のクラスメソッドを返します。クラスメソッドは、インスタンスメソッドが暗黙の第一引数としてインスタンスをとるように、第一引数としてクラスをとります。

 

cmp(x,y):

Compare the two objects x and y and return an integer according to the outcome. The return value is negative if x < y, zero if x == y and strictly positive if x > y.
 
二つのオブジェクト x および y を比較し、その結果に従って整数を返します。戻り値は x < y のときには負、 x == y の時にはゼロ、 x > y には厳密に正の値になります。

 

compile(source, filename, mode[, flags[, dont_inherit]]):

Compile the source into a code or AST object. Code objects can be executed by an exec statement or evaluated by a call to eval(). source can either be a Unicode string, a Latin-1 encoded string or an AST object. Refer to the ast module documentation for information on how to work with AST objects.
 
source をコード、もしくは、 AST オブジェクトにコンパイルします。コードオブジェクトは exec 文により実行したり、 eval() で評価したりすることができます。 source は、文字列と AST オブジェクトのどちらでもかまいません。 AST オブジェクトへの、また、 AST オブジェクトからのコンパイルの方法は、 _ast モジュールのドキュメントを参照下さい。

 

complex([real[, imag]]):

A class. Return a complex number with the value real + imag*1j or convert a string or number to a complex number. If the first parameter is a string, it will be interpreted as a complex number and the function must be called without a second parameter. The second parameter can never be a string. Each argument may be any numeric type (including complex). If imag is omitted, it defaults to zero and the function serves as a numeric conversion function like int(), long() and float(). If both arguments are omitted, returns 0j.
 
値 real + imag*j の複素数型数を生成するか、文字列または数値を複素数型に変換します。最初の引数が文字列の場合、文字列を複素数として変換します。この場合関数は二つ目の引数無しで呼び出さなければなりません。二つ目の引数は文字列であってはなりません。それぞれの引数は (複素数を含む) 任意の数値型をとることができます。 imag が省略された場合、標準の値はゼロで、関数は int() 、 long() および float() のような数値型への変換関数として動作します。

 

delattr(object, name):

This is a relative of setattr(). The arguments are an object and a string. The string must be the name of one of the object’s attributes. The function deletes the named attribute, provided the object allows it.
 
setattr() の親戚となる関数です。引数はオブジェクトと文字列です。文字列はオブジェクトの属性のどれか一つの名前でなければなりません。この関数は与えられた名前の属性を削除しますが、オブジェクトがそれを許す場合に限ります。

 

dict([arg]):

A class. Create a new dictionary.
 
新しい辞書型データを作成します。オプションとして引数 arg が与えることができます。

 

dir([object]):

Without arguments, return the list of names in the current local scope. With an argument, attempt to return a list of valid attributes for that object.
 
引数がない場合、現在のローカルスコープにある名前のリストを返します。引数がある場合、そのオブジェクトの有効な属性からなるリストを返そうと試みます。

 

divmod(a, b):

Take two (non complex) numbers as arguments and return a pair of numbers consisting of their quotient and remainder when using long division. With mixed operand types, the rules for binary arithmetic operators apply.
 
2 つの (複素数でない) 数値を引数として取り、整数の除法を行ったときの商と剰余からなるペアを返します。被演算子が型混合である場合、 2 進算術演算子での規則が適用されます。

 

enumerate(sequence, start=0):

Return an enumerate object. sequence must be a sequence, an iterator, or some other object which supports iteration.
 
列挙オブジェクトを返します。 sequence はシーケンス型、イテレータ型、反復をサポートする他のオブジェクト型のいずれかでなければなりません。

 

eval(expression[, globals[, locals]]):

The arguments are a Unicode or Latin-1 encoded string and optional globals and locals. If provided, globals must be a dictionary. If provided, locals can be any mapping object.
 
文字列とオプションの引数 globals 、 locals をとります。 globals を指定する場合には辞書でなくてはなりません。 locals は任意のマップ型にできます。

 

execfile(filename[, globals[, locals]]):

This function is similar to the exec statement, but parses a file instead of a string. It is different from the import statement in that it does not use the module administration — it reads the file unconditionally and does not create a new module.
 
この関数は exec 文に似ていますが、文字列の代わりにファイルに対して構文解釈を行います。 import 文と違って、モジュール管理機構を使いません — この関数はファイルを無条件に読み込み、新たなモジュールを生成しません。

 

file(name[, mode[, buffering]]):

Constructor function for the file type, described further in section File Objects. The constructor’s arguments are the same as those of the open() built-in function described below.
 
file 型のコンストラクタです。詳しくは ファイルオブジェクト 節を参照してください。コンストラクタの引数は後述の open() 組み込み関数と同じです。ファイルを開くときは、このコンストラクタを直接呼ばずに open() を呼び出すのが望ましい方法です。

 

filter(function, iterable):

Construct a list from those elements of iterable for which function returns true. iterable may be either a sequence, a container which supports iteration, or an iterator. If iterable is a string or a tuple, the result also has that type; otherwise it is always a list. If function is None, the identity function is assumed, that is, all elements of iterable that are false are removed.
 
iterable のうち、 function が真を返すような要素からなるリストを構築します。 iterable はシーケンスか、反復をサポートするコンテナか、イテレータです。 iterable が文字列型かタプル型の場合、結果も同じ型になります。そうでない場合はリストとなります。 function が None の場合、恒等関数を仮定します。すなわち、 iterable の偽となる要素は除去されます。

 

float([x]):

Return a floating point number constructed from a number or string x.
 
文字列または数値を浮動小数点数に変換します。

 

format(value[, format_spec]):

Convert a value to a “formatted” representation, as controlled by format_spec.
 
value を format_spec で制御される “フォーマット化” 表現に変換します。

 

frozenset([iterable]):

Return a new frozenset object, optionally with elements taken from iterable. frozenset is a built-in class. See frozenset and Set Types — set, frozenset for documentation about this class.
 
frozenset オブジェクトを返します。オプションで iterable から要素を取得します。 frozenset 型については、 set(集合)型 — set, frozenset も参照下さい。

 

getattr(object, name[, default]):

Return the value of the named attribute of object. name must be a string. If the string is the name of one of the object’s attributes, the result is the value of that attribute. For example, getattr(x, ‘foobar’) is equivalent to x.foobar. If the named attribute does not exist, default is returned if provided, otherwise AttributeError is raised.
 
指定された object の属性を返します。 name は文字列でなくてはなりません。文字列がオブジェクトの属性名の一つであった場合、戻り値はその属性の値になります。例えば、 getattr(x, ‘foobar’) は x.foobar と等価です。指定された属性が存在しない場合、 default が与えられている場合にはそれが返されます。そうでない場合には AttributeError が送出されます。

 

globals():

Return a dictionary representing the current global symbol table. This is always the dictionary of the current module (inside a function or method, this is the module where it is defined, not the module from which it is called).
 
現在のグローバルシンボルテーブルを表す辞書を返します。常に現在のモジュールの辞書になります (関数またはメソッドの中ではそれらを定義しているモジュールを指し、この関数を呼び出したモジュールではありません)。

 

hasattr(object, name):

The arguments are an object and a string. The result is True if the string is the name of one of the object’s attributes, False if not. (This is implemented by calling getattr(object, name) and seeing whether it raises an exception or not.)
 
引数はオブジェクトと文字列です。文字列がオブジェクトの属性名の一つであった場合 True を、そうでない場合 False を返します (この関数は getattr(object, name) を呼び出し、例外を送出するかどうかを調べることで実装されています)。

 

hash(object):

Return the hash value of the object (if it has one). Hash values are integers. They are used to quickly compare dictionary keys during a dictionary lookup. Numeric values that compare equal have the same hash value (even if they are of different types, as is the case for 1 and 1.0).
 
オブジェクトのハッシュ値を (存在すれれば) 返します。ハッシュ値は整数です。これらは辞書を検索する際に辞書のキーを高速に比較するために使われます。等しい値となる数値は等しいハッシュ値を持ちます (1 と 1.0 のように型が異なっていてもです)。

 

help([object]):

Invoke the built-in help system. (This function is intended for interactive use.) If no argument is given, the interactive help system starts on the interpreter console. If the argument is a string, then the string is looked up as the name of a module, function, class, method, keyword, or documentation topic, and a help page is printed on the console. If the argument is any other kind of object, a help page on the object is generated.
 
組み込みヘルプシステムを起動します (この関数は対話的な使用のためのものです)。引数が与えられていない場合、対話的ヘルプシステムはインタプリタコンソール上で起動します。引数が文字列の場合、文字列はモジュール、関数、クラス、メソッド、キーワード、またはドキュメントの項目名として検索され、ヘルプページがコンソール上に印字されます。引数が何らかのオブジェクトの場合、そのオブジェクトに関するヘルプページが生成されます。

 

hex(x):

Convert an integer number (of any size) to a lowercase hexadecimal string prefixed with “0x”.
 
(任意のサイズの) 整数を16進の文字列に変換します。結果は Python の式としても使える形式になります。

 

id(object):

Return the “identity” of an object. This is an integer (or long integer) which is guaranteed to be unique and constant for this object during its lifetime. Two objects with non-overlapping lifetimes may have the same id() value.
 
オブジェクトの “識別値” を返します。この値は整数 (または長整数) で、このオブジェクトの有効期間は一意かつ定数であることが保証されています。オブジェクトの有効期間が重ならない 2 つのオブジェクトは同じ id() 値を持つかもしれません。

 

input([prompt]):

Equivalent to eval(raw_input(prompt)). This function does not catch user errors. If the input is not syntactically valid, a SyntaxError will be raised. Other exceptions may be raised if there is an error during evaluation. If the readline module was loaded, then input() will use it to provide elaborate line editing and history features. Consider using the raw_input() function for general input from users.
 
eval(raw_input(prompt)) と同じです。

 

int([x[, base]]):

Return an integer object constructed from a number or string x, or return 0 if no arguments are given. If x is a number, it can be a plain integer, a long integer, or a floating point number. If x is floating point, the conversion truncates towards zero. If the argument is outside the integer range, the function returns a long object instead.
 
文字列または数値を通常の整数に変換します。引数が文字列の場合、 Python 整数として表現可能な十進の数でなければなりません。符号が付いていてもかまいません。また、空白文字中に埋め込まれていてもかまいません。 base 引数は変換の基数 (デフォルト値は10です) を表し、範囲 [2, 36] の整数またはゼロをとることができます。 base がゼロの場合、文字列の内容から適切な基数を推測します; 変換は整数リテラルと同じです (数値リテラル を参照下さい) 。 base が指定されており、 x が文字列でない場合、 TypeError が送出されます。それ以外の場合、引数は通常整数、長整数、または浮動小数点数をとることができます。浮動小数点数から整数へ変換では (ゼロ方向に) 値を丸めます。引数が通常整数の範囲を超えている場合、長整数が代わりに返されます。引数が与えられなかった場合、 0 を返します。

 

isinstance(object, classinfo):

Return true if the object argument is an instance of the classinfo argument, or of a (direct, indirect or virtual) subclass thereof. Also return true if classinfo is a type object (new-style class) and object is an object of that type or of a (direct, indirect or virtual) subclass thereof. If object is not a class instance or an object of the given type, the function always returns false. If classinfo is a tuple of class or type objects (or recursively, other such tuples), return true if object is an instance of any of the classes or types. If classinfo is not a class, type, or tuple of classes, types, and such tuples, a TypeError exception is raised.
 
引数 object が引数 classinfo のインスタンスであるか、 (直接または間接的な) サブクラスのインスタンスの場合に真を返します。また、 classinfo が型オブジェクト (新しい形式のクラス) であり、 object がその型のオブジェクトであるか、または、 (直接的または間接的な) サブクラスの場合にも真を返します。 object がクラスインスタンスや与えられた型のオブジェクトでない場合、この関数は常に偽を返します。 classinfo をクラスオブジェクトでも型オブジェクトにもせず、クラスや型オブジェクトからなるタプルや、そういったタプルを再帰的に含むタプル (他のシーケンス型は受理されません) でもかまいません。 classinfo がクラス、型、クラスや型からなるタプル、そういったタプルが再帰構造をとっているタプルのいずれでもない場合、例外 TypeError が送出されます。

 

issubclass(class, classinfo):

Return true if class is a subclass (direct, indirect or virtual) of classinfo. A class is considered a subclass of itself. classinfo may be a tuple of class objects, in which case every entry in classinfo will be checked. In any other case, a TypeError exception is raised.
 
class が classinfo の (直接または間接的な) サブクラスである場合に真を返します。クラスはそれ自身のサブクラスとみなされます。 classinfo はクラスオブジェクトからなるタプルでもよく、この場合には classinfo のすべてのエントリが調べられます。その他の場合では、例外 TypeError が送出されます。

 

iter(o[, sentinel]):

Return an iterator object. The first argument is interpreted very differently depending on the presence of the second argument. Without a second argument, o must be a collection object which supports the iteration protocol (the __iter__() method), or it must support the sequence protocol (the __getitem__() method with integer arguments starting at 0). If it does not support either of those protocols, TypeError is raised. If the second argument, sentinel, is given, then o must be a callable object. The iterator created in this case will call o with no arguments for each call to its next() method; if the value returned is equal to sentinel, StopIteration will be raised, otherwise the value will be returned.
 
iterator (イテレータ)オブジェクトを返します。 2 つ目の引数があるかどうかで、最初の引数の解釈は非常に異なります。 2 つ目の引数がない場合、 o は反復プロトコル (__iter__() メソッド) か、シーケンス型プロトコル (引数が 0 から開始する __getitem__() メソッド) をサポートする集合オブジェクトでなければなりません。これらのプロトコルが両方ともサポートされていない場合、 TypeError が送出されます。 2 つ目の引数 sentinel が与えられていれば、 o は呼び出し可能なオブジェクトでなければなりません。この場合に生成されるイテレータは、 next() を呼ぶ毎に o を引数無しで呼び出します。返された値が sentinel と等しければ、 StopIteration が送出されます。そうでない場合、戻り値がそのまま返されます。

 

len(s):

Return the length (the number of items) of an object. The argument may be a sequence (such as a string, bytes, tuple, list, or range) or a collection (such as a dictionary, set, or frozen set).
 
オブジェクトの長さ (要素の数) を返します。引数はシーケンス型 (文字列、タプル、またはリスト) か、マップ型 (辞書) です。

 

list([iterable]):

Return a list whose items are the same and in the same order as iterable’s items. iterable may be either a sequence, a container that supports iteration, or an iterator object. If iterable is already a list, a copy is made and returned, similar to iterable[:]. For instance, list(‘abc’) returns [‘a’, ‘b’, ‘c’] and list( (1, 2, 3) ) returns [1, 2, 3]. If no argument is given, returns a new empty list, [].
 
iterable の要素と同じ要素をもち、かつ順番も同じなリストを返します。 sequence はシーケンス、反復処理をサポートするコンテナ、あるいはイテレータオブジェクトです。 sequence がすでにリストの場合、 iterable[:] と同様にコピーを作成して返します。例えば、 list(‘abc’) は [‘a’, ‘b’, ‘c’] および list((1, 2, 3)) は [1, 2, 3] を返します。引数が与えられなかった場合、新しい空のリスト [] を返します。

 

locals():

Update and return a dictionary representing the current local symbol table. Free variables are returned by locals() when it is called in function blocks, but not in class blocks.
 
現在のローカルシンボルテーブルを表す辞書を更新して返します。関数ブロックで locals() を呼び出した場合自由変数が返されます、クラスブロックでは返されません。

 

long([x[, base]]):

Return a long integer object constructed from a string or number x. If the argument is a string, it must contain a possibly signed number of arbitrary size, possibly embedded in whitespace. The base argument is interpreted in the same way as for int(), and may only be given when x is a string. Otherwise, the argument may be a plain or long integer or a floating point number, and a long integer with the same value is returned. Conversion of floating point numbers to integers truncates (towards zero). If no arguments are given, returns 0L.
 
文字列または数値を長整数値に変換します。引数が文字列の場合、 Python 整数として表現可能な十進の数でなければなりません。符号が付いていてもかまいません。また、空白文字中に埋め込まれていてもかまいません。 base 引数は int() と同じように解釈され、 x が文字列の時だけ与えることができます。それ以外の場合、引数は通常整数、長整数、または浮動小数点数をとることができ、同じ値の長整数が返されます。浮動小数点数から整数へ変換では (ゼロ方向に) 値を丸めます。引数が与えられなかった場合、 0L を返します。

 

map(function, iterable, …):

Apply function to every item of iterable and return a list of the results. If additional iterable arguments are passed, function must take that many arguments and is applied to the items from all iterables in parallel. If one iterable is shorter than another it is assumed to be extended with None items. If function is None, the identity function is assumed; if there are multiple arguments, map() returns a list consisting of tuples containing the corresponding items from all iterables (a kind of transpose operation). The iterable arguments may be a sequence or any iterable object; the result is always a list.
 
function を iterable の全ての要素に適用し、返された値からなるリストを返します。追加の iterable 引数を与えた場合、 function はそれらを引数として取らなければならず、関数はそのリストの全ての要素について個別に適用されます; 他のリストより短いリストがある場合、要素 None で延長されます。 function が None の場合、恒等関数であると仮定されます; すなわち、複数のリスト引数が存在する場合、 map() は全てのリスト引数に対し、対応する要素からなるタプルからなるリストを返します (転置操作のようなものです)。 list 引数はどのようなシーケンス型でもかまいません; 結果は常にリストになります。

 

max(iterable[, args…][key]):

Return the largest item in an iterable or the largest of two or more arguments. If one positional argument is provided, iterable must be a non-empty iterable (such as a non-empty string, tuple or list). The largest item in the iterable is returned. If two or more positional arguments are provided, the largest of the positional arguments is returned. The optional key argument specifies a one-argument ordering function like that used for list.sort(). The key argument, if supplied, must be in keyword form (for example, max(a,b,c,key=func)).
 
引数が iterable だけの場合、空でないシーケンス (文字列、タプルまたはリスト) の要素のうち最大のものを返します。 1 個よりも引数が多い場合、引数間で最大のものを返します。オプションの key 引数には list.sort() で使われるのと同じような 1 引数の順序付け関数を指定します。 key を指定する場合はキーワード形式でなければなりません (たとえば max(a,b,c,key=func))。

 

memoryview(obj):

Return a “memory view” object created from the given argument. See memoryview type for more information.
 
与えられたオブジェクトから作られた “メモリビュー” オブジェクトを返します。詳しくは メモリビュー型 を参照してください。

 

min(iterable[, args…][key]):

Return the smallest item in an iterable or the smallest of two or more arguments. If one positional argument is provided, iterable must be a non-empty iterable (such as a non-empty string, tuple or list). The smallest item in the iterable is returned. If two or more positional arguments are provided, the smallest of the positional arguments is returned. The optional key argument specifies a one-argument ordering function like that used for list.sort(). The key argument, if supplied, must be in keyword form (for example, min(a,b,c,key=func)).
 
引数が iterable だけの場合、空でないシーケンス (文字列、タプルまたはリスト) の要素のうち最小のものを返します。 1 個よりも引数が多い場合、引数間で最小のものを返します。オプションの key 引数には list.sort() で使われるのと同じような 1 引数の順序付け関数を指定します。 key を指定する場合はキーワード形式でなければなりません (たとえば min(a,b,c,key=func))。

 

next(iterator[, default]):

Retrieve the next item from the iterator by calling its next() method. If default is given, it is returned if the iterator is exhausted, otherwise StopIteration is raised.
 
iterator から、 next() メソッドにより、次の要素を取得します。もし、 default が与えられると、イテレータが空である場合に、それが返されます。それ以外の場合は、 StopIteration が送出されます。

 

object():

Return a new featureless object. object is a base for all new style classes. It has the methods that are common to all instances of new style classes.
 
ユーザ定義の属性やメソッドを持たない、新しいオブジェクトを返します。 object() は新スタイルのクラスの、基底クラスです。これは、新スタイルのクラスのインスタンスに共通のメソッド群を持ちます。

 

oct(x):

Convert an integer number (of any size) to an octal string. The result is a valid Python expression.
 
(任意のサイズの) 整数を 8 進の文字列に変換します。結果は Python の式としても使える形式になります。

 

open(filename[, mode[, bufsize]]):

Open a file, returning an object of the file type described in section File Objects. If the file cannot be opened, IOError is raised. When opening a file, it’s preferable to use open() instead of invoking the file constructor directly.
 
ファイルを開いて、 ファイルオブジェクト にて説明される、 file オブジェクトを返します。もし、ファイルが開けないなら、 IOError が送出されます。ファイルを開くときは file のコンストラクタを直接呼ばずに open() を使うのが望ましい方法です。

 

ord(c):

Given a string of length one, return an integer representing the Unicode code point of the character when the argument is a unicode object, or the value of the byte when the argument is an 8-bit string. For example, ord(‘a’) returns the integer 97, ord(u’\u2020′) returns 8224. This is the inverse of chr() for 8-bit strings and of unichr() for unicode objects. If a unicode argument is given and Python was built with UCS2 Unicode, then the character’s code point must be in the range [0..65535] inclusive; otherwise the string length is two, and a TypeError will be raised.
 
長さ 1 の与えられた文字列に対し、その文字列が unicode オブジェクトならば Unicode コードポイントを表す整数を、 8 ビット文字列ならばそのバイトの値を返します。たとえば、 ord(‘a’) は整数 97 を返し、 ord(u’\u2020′) は 8224 を返します。この値は 8 ビット文字列に対する chr() の逆であり、 unicode オブジェクトに対する unichr() の逆です。引数が unicode で Python が UCS2 Unicode 対応版ならば、その文字のコードポイントは両端を含めて [0..65535] の範囲に入っていなければなりません。この範囲から外れると文字列の長さが 2 になり、 TypeError が送出されることになります。

 

pow(x, y[, z]):

Return x to the power y; if z is present, return x to the power y, modulo z (computed more efficiently than pow(x, y) % z). The two-argument form pow(x, y) is equivalent to using the power operator: x**y.
 
x の y 乗を返します; z があれば、 x の y 乗に対する z のモジュロを返します (pow(x, y)% z より効率よく計算されます)。引数二つの pow(x, y) という形式は、冪乗演算子を使った x**y と等価です。

 

print([object, …][, sep=’ ‘][, end=’\n’][, file=sys.stdout]):

Print objects to the stream file, separated by sep and followed by end. sep, end and file, if present, must be given as keyword arguments.
 
object (複数でも可) を sep で区切りながらストリーム、 file に表示し、最後に end を表示します。 sep, end そして file が与えられる場合、キーワード引数として与えられる必要があります。

 

property([fget[, fset[, fdel[, doc]]]]):

Return a property attribute for new-style classes (classes that derive from object).
 
new-style class (新しい形式のクラス) (object から派生したクラス) におけるプロパティ属性を返します。

 

range([start], stop[, step]):

This is a versatile function to create lists containing arithmetic progressions. It is most often used in for loops. The arguments must be plain integers. If the step argument is omitted, it defaults to 1. If the start argument is omitted, it defaults to 0. The full form returns a list of plain integers [start, start + step, start + 2 * step, …]. If step is positive, the last element is the largest start + i * step less than stop; if step is negative, the last element is the smallest start + i * step greater than stop. step must not be zero (or else ValueError is raised).
 
等差数列を含むリストを生成するための多機能関数です。 for ループでよく使われます。引数は通常の整数でなければなりません。 step 引数が無視された場合、標準の値 1 になります。 start 引数が省略された場合、標準の値 0 になります。完全な形式では、通常の整数列 [start, start + step, start + 2 * step, …] を返します。 step が正の値の場合、最後の要素は stop よりも小さい start + i * step の最大値になります; step が負の値の場合、最後の要素は stop よりも大きい start + i * step の最小値になります。 step はゼロであってはなりません (さもなければ ValueError が送出されます)。

 

raw_input([prompt]):

If the prompt argument is present, it is written to standard output without a trailing newline. The function then reads a line from input, converts it to a string (stripping a trailing newline), and returns that. When EOF is read, EOFError is raised.
 
引数 prompt が存在する場合、末尾の改行を除いて標準出力に出力されます。次に、この関数は入力から 1 行を読み込んで文字列に変換して (末尾の改行を除いて) 返します。 EOF が読み込まれると EOFError が送出されます。

 

reduce(function, iterable[, initializer]):

Apply function of two arguments cumulatively to the items of iterable, from left to right, so as to reduce the iterable to a single value. For example, reduce(lambda x, y: x+y, [1, 2, 3, 4, 5]) calculates ((((1+2)+3)+4)+5). The left argument, x, is the accumulated value and the right argument, y, is the update value from the iterable. If the optional initializer is present, it is placed before the items of the iterable in the calculation, and serves as a default when the iterable is empty. If initializer is not given and iterable contains only one item, the first item is returned.
 
iterable の要素に対して、iterableを単一の値に短縮するような形で 2 つの引数をもつ function を左から右に累積的に適用します。例えば、 reduce(labmda x, y: x+y, [1, 2, 3, 4, 5]) は ((((1+2)+3)+4)+5) を計算します。左引数 x は累計の値になり、右引数 y は iterable から取り出した更新値になります。オプションの initializer が存在する場合、計算の際に iterable の先頭に置かれます。また、 iterable が空の場合には標準の値になります。 initializer が与えられておらず、 iterable が単一の要素しか持っていない場合、最初の要素が返されます。

 

reload(module):

Reload a previously imported module. The argument must be a module object, so it must have been successfully imported before. This is useful if you have edited the module source file using an external editor and want to try out the new version without leaving the Python interpreter. The return value is the module object (the same as the module argument).
 
すでにインポートされた module を再解釈し、再初期化します。引数はモジュールオブジェクトでなければならないので、予めインポートに成功していなければなりません。この関数はモジュールのソースコードファイルを外部エディタで編集して、 Python インタプリタから離れることなく新しいバージョンを試したい際に有効です。戻り値は (module 引数と同じ) モジュールオブジェクトです。

 

repr(object):

Return a string containing a printable representation of an object. This is the same value yielded by conversions (reverse quotes). It is sometimes useful to be able to access this operation as an ordinary function. For many types, this function makes an attempt to return a string that would yield an object with the same value when passed to eval(), otherwise the representation is a string enclosed in angle brackets that contains the name of the type of the object together with additional information often including the name and address of the object. A class can control what this function returns for its instances by defining a __repr__() method.
 
オブジェクトの印字可能な表現を含む文字列を返します。これは型変換で得られる (逆クオートの) 値と同じです。通常の関数としてこの操作にアクセスできるとたまに便利です。この関数は多くの型について、 eval() に渡されたときに同じ値を持つようなオブジェクトを表す文字列を生成しようとします。そうでない場合は、角括弧に囲まれたオブジェクトの型の名前と追加の情報 (大抵の場合はオブジェクトの名前とアドレスを含みます) を返します。クラスは、 __repr__() メソッドを定義することで、この関数によりそのクラスのインスタンスが返すものを制御することができます。

 

reversed(seq):

Return a reverse iterator. seq must be an object which has a __reversed__() method or supports the sequence protocol (the __len__() method and the __getitem__() method with integer arguments starting at 0).
 
要素を逆順に取り出すイテレータ (reverse iterator) を返します。 seq は __reversed__() メソッドを持つオブジェクトであるか、シーケンス型プロトコル (__len__() メソッド、および、 0 から始まる整数を引数にとる __getitem__() メソッド) をサポートしていなければなりません。

 

round(x[, n]):

Return the floating point value number rounded to ndigits digits after the decimal point. If ndigits is omitted, it defaults to zero. The result is a floating point number. Values are rounded to the closest multiple of 10 to the power minus ndigits; if two multiples are equally close, rounding is done away from 0 (so, for example, round(0.5) is 1.0 and round(-0.5) is -1.0).
 
x を小数点以下 n 桁で丸めた浮動小数点数の値を返します。 n が省略されると、標準の値はゼロになります。結果は浮動小数点数です。値は最も近い 10 のマイナス n の倍数に丸められます。二つの倍数との距離が等しい場合、ゼロから離れる方向に丸められます (従って、例えば round(0.5) は 1.0 になり、 round(-0.5) は -1.0 になります)。

 

set([iterable]):

Return a new set object, optionally with elements taken from iterable. set is a built-in class. See set and Set Types — set, frozenset for documentation about this class.
 
新しいセット型オブジェクトを返します。オプションで iterable からとった要素を持たせることもできます。 set 型については、 set(集合)型 — set, frozenset に説明があります。

 

setattr(object, name, value):

This is the counterpart of getattr(). The arguments are an object, a string and an arbitrary value. The string may name an existing attribute or a new attribute. The function assigns the value to the attribute, provided the object allows it.
 
getattr() と対をなす関数です。引数はそれぞれオブジェクト、文字列、そして任意の値です。文字列はすでに存在する属性の名前でも、新たな属性の名前でもかまいません。この関数は指定した値を指定した属性に関連付けますが、指定したオブジェクトにおいて可能な場合に限ります。例えば、 setattr(x, ‘foobar’, 123) は x.foobar = 123 と等価です。

 

slice([start], stop[, step]):

Return a slice object representing the set of indices specified by range(start, stop, step). The start and step arguments default to None. Slice objects have read-only data attributes start, stop and step which merely return the argument values (or their default). They have no other explicit functionality; however they are used by Numerical Python and other third party extensions. Slice objects are also generated when extended indexing syntax is used. For example: a[start:stop:step] or a[start:stop, i]. See itertools.islice() for an alternate version that returns an iterator.
 
range(start, stop, step) で指定されるインデクスの集合を表すスライス(slice)オブジェクトを返します。 range(start) スライスオブジェクトを返します。引数 start および step は標準では None です。スライスオブジェクトは読み出し専用の属性 start, stop および step を持ち、これらは単に引数で使われた値 (または標準の値) を返します。これらの値には、その他のはっきりとした機能はありません; しかしながら、これらの値は Numerical Python および、その他のサードパーティによる拡張で利用されています。スライスオブジェクトは拡張されたインデクス指定構文が使われる際にも生成されます。例えば: a[start:stop:step] や a[start:stop, i] です。イテレータを返すもうひとつの関数、 itertools.islice() も参照下さい。

 

sorted(iterable[, cmp[, key[, reverse]]]):

Return a new sorted list from the items in iterable.
 
iterable の要素をもとに、並べ替え済みの新たなリストを生成して返します。

 

staticmethod(function):

Return a static method for function.
 
function の静的メソッドを返します。

 

str([object]):

Return a string containing a nicely printable representation of an object. For strings, this returns the string itself. The difference with repr(object) is that str(object) does not always attempt to return a string that is acceptable to eval(); its goal is to return a printable string. If no argument is given, returns the empty string, ”.
 
オブジェクトをうまく印字可能な形に表現したものを含む文字列を返します。文字列に対してはその文字列自体を返します。 repr(object) との違いは、 str(object) は常に eval() が受理できるような文字列を返そうと試みるわけではないという点です; この関数の目的は印字可能な文字列を返すところにあります。引数が与えられなかった場合、空の文字列 ” を返します。

 

sum(iterable[, start]):

Sums start and the items of an iterable from left to right and returns the total. start defaults to 0. The iterable’s items are normally numbers, and the start value is not allowed to be a string.
 
start と iterable の要素を左から右へ合計し、総和を返します。 start はデフォルトで 0 です。 iterable の要素は通常は数値で、start の値は文字列であってはなりません。

 

super([type[, object-or-type]]):

Return a proxy object that delegates method calls to a parent or sibling class of type. This is useful for accessing inherited methods that have been overridden in a class. The search order is same as that used by getattr() except that the type itself is skipped.
 
メソッドの呼び出しを type の親または兄弟クラスに委譲する、プロキシオブジェクトを返します。これはクラスの中でオーバーライドされた継承メソッドにアクセスするのに便利です。探索の順序は、 type 自身が飛ばされるのをのぞいて getattr() と同じです。

 

tuple([iterable]):

Return a tuple whose items are the same and in the same order as iterable’s items. iterable may be a sequence, a container that supports iteration, or an iterator object. If iterable is already a tuple, it is returned unchanged. For instance, tuple(‘abc’) returns (‘a’, ‘b’, ‘c’) and tuple([1, 2, 3]) returns (1, 2, 3). If no argument is given, returns a new empty tuple, ().
 
iterable の要素と要素が同じで、かつ順番も同じになるタプルを返します。 iterable はシーケンス型、反復をサポートするコンテナ型、およびイテレータオブジェクトをとることができます。 iterable がすでにタプルの場合、そのタプルを変更せずに返します。例えば、 tuple(‘abc’) は (‘a’, ‘b’, ‘c’) を返し、 tuple([1, 2, 3]) は (1, 2, 3) を返します。

 

type(object):

With one argument, return the type of an object. The return value is a type object. The isinstance() built-in function is recommended for testing the type of an object.
 
object の型を返します。オブジェクトの型の検査には isinstance() 組み込み関数を使うことが推奨されます。

 

unichr(i):

Return the Unicode string of one character whose Unicode code is the integer i. For example, unichr(97) returns the string u’a’. This is the inverse of ord() for Unicode strings. The valid range for the argument depends how Python was configured – it may be either UCS2 [0..0xFFFF] or UCS4 [0..0x10FFFF]. ValueError is raised otherwise. For ASCII and 8-bit strings see chr().
 
Unicode におけるコードが整数 i になるような文字 1 文字からなる Unicode 文字列を返します。例えば、 unichr(97) は文字列 u’a’ を返します。この関数は Unicode 文字列に対する ord() の逆です。引数の正当な範囲は Python がどのように構成されているかに依存しています — UCS2 ならば [0..0xFFFF] であり UCS4 ならば [0..0x10FFFF] であり、このどちらかです。それ以外の値に対しては ValueError が送出されます。ASCIIの 8 ビットの文字列に対しては、 chr() を参照下さい。

 

unicode([object[, encoding[, errors]]]):

Return the Unicode string version of object using one of the following modes: If encoding and/or errors are given, unicode() will decode the object which can either be an 8-bit string or a character buffer using the codec for encoding. The encoding parameter is a string giving the name of an encoding; if the encoding is not known, LookupError is raised. Error handling is done according to errors; this specifies the treatment of characters which are invalid in the input encoding. If errors is ‘strict’ (the default), a ValueError is raised on errors, while a value of ‘ignore’ causes errors to be silently ignored, and a value of ‘replace’ causes the official Unicode replacement character, U+FFFD, to be used to replace input characters which cannot be decoded. See also the codecs module.
 
以下のモードのうち一つを使って、 object のUnicode 文字列バージョンを返します:もし encoding かつ/または errors が与えられていれば、 unicode() は 8 ビットの文字列または文字列バッファになっているオブジェクトを encoding の codec を使ってデコードします。 encoding 引数はエンコーディング名を与える文字列です; 未知のエンコーディングの場合、 LookupError が送出されます。エラー処理は errors に従って行われます; このパラメータは入力エンコーディング中で無効な文字の扱い方を指定します。 errors が ‘strict’ (標準の設定です) の場合、エラー発生時には ValueError が送出されます。一方、 ‘ignore’ では、エラーは暗黙のうちに無視されるようになり、 ‘replace’ では公式の置換文字、 U+FFFD を使って、デコードできなかった文字を置き換えます。 codecs モジュールについても参照してください。

 

vars([object]):

Return the __dict__ attribute for a module, class, instance, or any other object with a __dict__ attribute.
 
モジュール、クラス、またはクラスインスタンスオブジェクト (またはその他 __dict__ 属性を持つもの) を引数として与えた場合、その属性を返します。

 

xrange([start], stop[, step]):

This function is very similar to range(), but returns an xrange object instead of a list. This is an opaque sequence type which yields the same values as the corresponding list, without actually storing them all simultaneously. The advantage of xrange() over range() is minimal (since xrange() still has to create the values when asked for them) except when a very large range is used on a memory-starved machine or when all of the range’s elements are never used (such as when the loop is usually terminated with break). For more information on xrange objects, see XRange Type and Sequence Types — str, unicode, list, tuple, bytearray, buffer, xrange.
 
この関数は range() に非常によく似ていますが、リストの代わりに “xrange オブジェクト” を返します。このオブジェクトは不透明なシーケンス型で、対応するリストと同じ値を持ちますが、それらの値全てを同時に記憶しません。 ragne() に対する xrange() の利点は微々たるものです (xrange() は要求に応じて値を生成するからです) ただし、メモリ量の厳しい計算機で巨大な範囲の値を使う時や、(ループがよく break で中断されるといったように) 範囲中の全ての値を使うとは限らない場合はその限りではありません。

 

zip([iterable, …]):

This function returns a list of tuples, where the i-th tuple contains the i-th element from each of the argument sequences or iterables. The returned list is truncated in length to the length of the shortest argument sequence. When there are multiple arguments which are all of the same length, zip() is similar to map() with an initial argument of None. With a single sequence argument, it returns a list of 1-tuples. With no arguments, it returns an empty list.
 
この関数はタプルのリストを返します。このリストの i 番目のタプルは各引数のシーケンスまたはイテレート可能オブジェクト中の i 番目の要素を含みます。返されるリストは引数のシーケンスのうち長さが最小のものの長さに切り詰められます。引数が全て同じ長さの際には、 zip() は初期値引数が None の map() と似ています。引数が単一のシーケンスの場合、1 要素のタプルからなるリストを返します。引数を指定しない場合、空のリストを返します。