TensorFlowに関係が強いモジュール

TensorFlowに関係が強いモジュール

 

absl-py:

Abseil Python Common Libraries. This repository is a collection of Python library code for building Python applications. The code is collected from Google’s own Python code base, and has been extensively tested and used in production.
Abseil Python共通ライブラリ。 このリポジトリは、Pythonアプリケーションを構築するためのPythonライブラリコードのコレクションです。 このコードはGoogle独自のPythonコードベースから収集され、幅広くテストされ、運用環境で使用されています。

argparse:

Command-line option and argument parsing library.
コマンドラインオプションと引数のパーサーライブラリ

astor:

Part of the astor library for Python AST manipulation.
Python AST (Abstract Syntax Tree)を操作するastorライブラリの一部

backports:

Namespace for backported Python features.
バックポートされたPythonの機能の名前空間

bleach:

Bleach is an allowed-list-based HTML sanitizing library that escapes or strips markup and attributes.
Bleachはマークアップと属性をエスケープまたはストリップする許可リストベースのHTMLサニタイズライブラリです

datetime:

Basic date and time types.
基本的な日付型および時間型

enum:

a set of symbolic names (members) bound to unique, constant values.
一意の定数値に束縛された識別名 (メンバー) の集合です

funcsigs:

Function signature objects for callables.
呼び出し可能オブジェクトの関数シグネチャオブジェクト

gast:

Generic Abstract Syntax Tree. GAST provides a compatibility layer between the AST of various Python versions, as produced by ast.parse from the standard ast module.
汎用抽象構文木。 GASTは、標準のastモジュールのast.parseによって生成された、さまざまなPythonバージョンのASTの間に互換性レイヤーを提供します。

grpcio:

Package for gRPC Python.
gRPC Pythonのパッケージ

gzip:

Interfaces for gzip compression and decompression using file objects.
ファイルオブジェクトを用いた gzip 圧縮および解凍のためのインタフェース

html5lib:

html5lib is a pure-python library for parsing HTML. It is designed to conform to the WHATWG HTML specification, as is implemented by all major web browsers.
html5libは、HTMLを解析するための純粋なPythonライブラリです。 すべての主要なWebブラウザで実装されているように、WHATWG HTML仕様に準拠するように設計されています。

markdown:

Converts Markdown to HTML and can be used as a library or called from the command line.
MarkdownをHTMLに変換し、ライブラリとして使用するか、コマンドラインから呼び出すことができます

math:

Mathematical functions (sin() etc.).
数学関数(sin() など)

mock:

mock is a library for testing in Python. It allows you to replace parts of your system under test with mock objects and make assertions about how they have been used.
mockはPythonでテストするためのライブラリです。 テスト中のシステムの一部を模擬オブジェクトで置き換え、それらがどのように使用されたかについてアサーションを行うことができます。

numpy:

NumPy is the fundamental package for scientific computing with Python.
科学技術計算やWebデータの分析などの大規模なデータを取り扱う場合、多次元かつ大量のベクトル(=配列)の演算が必要になります。PythonはCやJavaなどのコンパイラ言語と比較するとかなり遅いため、そうった演算を行うと難儀するのですが、Numpyの配列オブジェクト「ndarray」を使用することで高速なデータ処理が可能となります。

os:

Miscellaneous operating system interfaces.
雑多なオペレーティングシステムインタフェース

pandas:

pandas is an open source, BSD-licensed library providing high-performance, easy-to-use data structures and data analysis tools for the Python programming language.
オープンソースのBSDライセンスによるライブラリで、Python向けにハイパフォーマンスで使いやすい構造のデータ解析ツール

pbr:

PBR is a library that injects some useful and sensible default behaviors into your setuptools run.
PBRはあなたのsetuptoolsの実行に有用で賢明なデフォルト動作を注入するライブラリです

protobuf:

Protocol Buffers are Google’s data interchange format.
プロトコルバッファはGoogleのデータ交換形式です

re:

Regular expression operations.
正規表現操作

setuptools:

Extensions to the ‘distutils’ for large or complex distributions.
大規模なまたは複雑な分布のための ‘distutils’への拡張

six:

Six is a Python 2 and 3 compatibility library.
Python2系とPython3系の互換性を提供するライブラリ

tarfile:

Read and write tar-format archive files.
tar-形式のアーカイブファイルを読み書きする

tempfile:

Generate temporary files and directories.
一時的なファイルやディレクトリを生成する

termcolor:

ANSII Color formatting for output in terminal.
ANSIターミナルでの出力のためのカラーフォーマット

time:

Time access and conversions.
時刻データへのアクセスと変換

werkzeug:

Werkzeug is a comprehensive WSGI web application library.
Werkzeugは包括的なWSGI Webアプリケーションライブラリです

wheel:

A wheel is a ZIP-format archive with a specially formatted filename and the .whl extension.
ホイールとは、特別にフォーマットされたファイル名と.whl拡張子を持つZIP形式のアーカイブです

__future__:

future is the missing compatibility layer between Python 2 and Python 3. It allows you to use a single, clean Python 3.x-compatible codebase to support both Python 2 and Python 3 with minimal overhead.
futureは、Python 2とPython 3の間に存在しない互換レイヤーです。Python 2とPython 3の両方を最小限のオーバーヘッドでサポートするために、きれいなPython 3.x互換のコードベースを使用できます。

English
English