Eclips Media Guard is a unique ‘online data-security service’ that mitigates risks on your images and videos from getting copied/reused/spread uncontrollably without your permission. You can utilize it very easily just by encoding your images or videos, and adding only several html descriptions in your HTML, then it lets you decode them automatically. You don’t have to install any application nor plugin in using it.

 エクリプス・メディアガードは貴方がウェブサイトに表示する画像やビデオを他者が勝手に保存して再利用する可能性を低減するユニークなインターネットサービスです。画像やビデオをエンコードし数行のコードを貴方のウェブサイトに貼れば簡単に使え、何かのアプリをインストールしなくても使えます。なお、ワードプレス向けプラグインも提供しているので、こちらを使っても簡単・安全に導入できます。

What does it work for?

 We can think of such various challenges caused by online images and videos as listed below right away. We have been expected ‘would like to show them to as many people online as possible, but would not like to lose control of them at the same time’, but it has been regarded as a contradiction for last decades. Eclips Media Guard is a whole new solution that let you have it. Eclips Media Guard mitigates these risks on you in distributing your images and videos online keeping control of them with you.

 下記に列挙するようにインターネット上の画像・動画については様々な課題が容易に思いつきます。私たちは、多くの人々に見てはもらいたいが勝手に再利用されるのは困ると思いながらも、この問題はインターネットでは仕方がないことだと諦めてきました。エクリプス・メディアガードはこの問題に対処するひとつの解決策として提案するものです。エクリプス・メディアガードは貴方の画像・動画を貴方がコントロールしたままでインターネットで表現することを目的とします。

1. Free ride of effort

  • Unauthorized reproduction of your blog images/videos
  • Illegal spread of your copyrighted image/video products
  • Infringement of portrait rights for public figures
  • Unauthorized resell using product images/videos that you own
  • 労力のタダ乗り(無断転載・著作権侵害・肖像権侵害)

    2. Uncontrollable spread of information

  • Flaming on your blog caused by uncontrollable spread of your blog images/videos
  • Losing business by getting infamous images/videos left online
  • Getting SLAPP act with your images/videos
  • Sued by parents of kids who was taken in the picture you took
  • 望まない拡散と影響(ブログ炎上・誹謗中傷・名誉毀損)

    3. Criminal use of personal information

  • Target finding by sex offenders
  • Counterfeiting of identity
  • Unauthorized access to view one’s intimate photos/videos
  • Revenge porn and digital tattoo
  • 犯罪への利用(性犯罪・背乗り・プライバシー侵害・リベンジポルノ)

    4. Leakage of confidential information

  • Confidential information on the Intranet site gets copied and leaked
  • eMails that contain confidential information get forwarded to outside
  • 情報漏洩(ハッキング被害・産業スパイ・誤送信)

    5. Fake news

     We came to hear a word ‘Fake News’ in 2017. It is caused by ‘uncertainty of information source’ and ‘tamper-ability of information during its being transferred’. Eclips Media Guard let you secure certainty of information by eliminating such uncertainty related to online images and videos.

    情報改ざん(フェイクニュース)

    Case study

    Case 1: Celebrities and Agencies

     Celebrities need to be recognized by many people, but it doesn’t mean that his/her publicities can be used by anyone without any limitation. They spent tremendous efforts and cost to get acknowledged by people, and does a lot to keep themselves famous. We, until today, didn’t have decent way to prevent their publicities from being copied and reused when they become online. Eclips Media Guard let celebrities protect their publicities more strongly from such unauthorized copy and reuse than every ways existed. Also, we see cases that an image posted by celebrities on their blog gets framed online. Eclips Media Guard works for preventing them from getting framed by hiding such images online completely, right away.

     有名人は多くの人々にその姿を知ってもらうことで活動をしていますが、誰にでも自由に肖像を利用されてしまっても良いわけではありません。有名になる過程で多額の労力とコストが費やされ、有名になってもそれを維持するために多額の労力とコストが費やされている以上、肖像を管理し職務の範囲やビジネスとしての契約の範囲内で肖像が利用されるようにしなくてはなりません。これまでは、ウェブサイトに掲載した有名人の画像は勝手にコピーされて有名人に損害を与えるような使い方をされることを十分に防ぐ方法がありませんでした。しかし、もし、Eclips Media Guardでエンコードした画像をウェブサイトに掲載すれば、閲覧者が勝手にコピーすることは非常に困難で、スクリーンショットを撮ってもその流出元が誰かを特定することが容易になります。

    Case 2: Photographers, Illustrators

     Most of artists sacrifice their time and money to create value. They, until today, could not prevent their works from being copied when they display their works online. They tried to warn image-thief that they were copyrighted by putting ‘watermark’ on the image of their works, but it’s true that such attempts haven’t worked enough.

     This tells why artists have not been able to utilize the Internet fully for their business communication. When they encode their images with Eclips Media Guard and display them online on their websites, visitors can view them but they can not copy them. Also, an image decoded with Eclips Media Guard has ‘dynamic watermark’ on it that tells you ‘by whom’ and ‘when’ in case it is copied so you can identify the thief.

     無から有を生むアーティストにとって作品は汗と涙と時間とコストの結晶です。これまでは、作品が画像で表現される場合にそれらを多くの人に見せようとウェブサイトに掲載した瞬間に無断でコピーされてビジネスとして成立しなくなる余地が多々ありました。著作権がある画像であることを示すことで無断コピーや無断使用を防ごうと、画像にウォーターマーク(著作権者のロゴなど)を画像に記載しても、画像自体の表現を妨げてしまったり、防ぐ効果自体が不十分なことが多い状況です。

     逆に言えば、作品を画像で表現するアーティストがインターネットを十分に利用できない原因はここにありました。しかし、もし、作品となる画像をEclips Media Guardでエンコードしてからウェブサイトに掲載したならば、「多くの人が見られるけれどもコピーは極めて困難」という、これまでは不可能と思われていた不思議な状況が実現します。画像に被せるウォーターマークも表示するか非表示にするかを選択することができます。ウォーターマークは決まり切った文言ではなく、画像を閲覧している端末の情報をその都度記述する「ダイナミック・ウォーターマーク」であり、無断で再利用された場合はその情報を元に無断再利用した人物を特定する余地を確保できます。

    Case 3: Website owners, Online shop owners, Bloggers

     Images are ‘property’ for those who own website/online-shop/blog. They make tremendous efforts so their contents/products can be unique and attractive to visitors. Eclips Media Guard works to protect your ‘property’ from unauthorized copy.

     ウェブサイトやブロガーにとって、ページを構成する画像はコストと労力がかかった大事な資産でです。ネットショップ運営者は商品が売れるように工夫した商品画像を撮影していることでしょう。これまでのサイト画像コピー防止方法(例:透明画像をかぶせる・背景として画像を貼る)ではHTMLソースを分析したりすればコピーができてしまったり、仕方なしに画像にウォーターマークを付けてみたら画像の役目を十分に果たせなくなったりと、強力なコピー防止策が無く泣き寝入りしてきました。画像をわざわざフラッシュ形式にするという涙ぐましい努力をされる方もいます。もし、Eclips Media Guardでエンコードした画像でページを構成した場合、エンコードされた画像はHTMLで通常のJPEG画像として扱え、無断コピーも無許可リンクもされる機会が激減し、ウェブサイトにかけたコストと労力にタダ乗りされる可能性が激減します。ネットショップは悪質なせどり業者に苦労して撮影した商品画像を勝手に使われる可能性も激減します。

    Case 4: Organizations that keep confidential information

     Leakage of confidential/personal information is fatal for each organization. Eclips Media Guard works to keep your images that contain confidential/personal information viewed only inside your organization.

     組織にとって重要な守秘義務情報や機密情報を含む画像をイントラネットで表示する場合、組織内にいる人物が画像を保存して組織外に送ることで情報漏洩が起こる余地があります。もし、Eclips Media Guardでそれらの画像をエンコードしたうえでイントラネットに掲載した場合、保存することが非常に困難であるうえ、社外に流出しても閲覧できなかったり流出元の特定が容易に行えます。Eclips Media Guardでエンコードされた画像はスーパーコンピューターを数十億円かけて稼働させても無理やり解読するには10年はかかると言われている方式で情報を変換し、計算量的安全性を得ています。

    Case 5: Educational Organization and Parents

     Sex offenders, unfortunately, are seeking for targets online by viewing your private images online. To keep your precious kids especially, controlling who can view such images is a decent way to keep your kids away from them. Eclips Media Guard helps you to take control of it.

     未成年の子供(特に女の子)が人間関係を壊したく無くてスマホで撮った自身の裸の画像を送ってしまい、それによって脅迫されたり人生の傷を作ってしまう話を耳にします(デジタル・タトゥー)。もし、本来であれば送ること自体を止めさせたいのですが、そのような画像を送る前にEclips Media Guardでエンコードしてから送れば、送ってしまった後でもワンクリックでその画像を誰も閲覧できないようにロックをすることができます。

    Case 6: Adult Entertainment Industry

     Poverty of women is focused these years. Certain portion of them decide to work in sex industry just to overcome their temporary financial instability. They, in many cases, are needed to expose their head-shot images online. Those head-shots remain online even after their getting their financial status stabilized and their leaving the industry, and keep them being acknowledged as ‘sex workers’. This is absurd. Not justified. Eclips Media Guard can be an option for them to erase their head-shot images that are not to remain online.

     女性の貧困が社会問題となっている昨今、生活のためや子供のために一時的に特定のサービス業に苦渋の決断で従事する女性もおられると思います。その際に自身の顔写真をネットに掲載することが必須であるためにウェブサイトに自身の写真が掲載されて、経済状況が改善した後もインターネット上に残り続け、その後の人生に影響を及ぼし続けることがあります。人の人生にはアップダウンはあります。しかし、一時期の苦渋の決断が人生にずっと悪影響を及ぼすことは不条理です。もし、Eclips Media Guardでエンコードした画像をウェブサイトに掲載すれば、その仕事をやめた時点でインターネット上から自身の望まぬ画像を非表示にできます。