Eclips Media Guard can be divided into 2 components; Basic features and Advanced features. The former is for image protection, and the latter is for decrypting by taking preset conditions. Although both of these 2 components are Java Script codes, the former works independently but the latter does depending on API service working remotely.

 Eclips Media Guardは大きくは基本機能(Basic Features)と拡張機能(Advanced Feature)で構成されています。前者はブラウザ画面に表示される画像・動画が容易にコピー・保存されることを防ぐ働きをし、後者は暗号化された画像・動画をあらかじめ与えられた表示許可条件を解析して暗号化解除をする働きをします。両者ともブラウザ上で動作するJava Scriptで構成されていますが、前者はJava Script単独で動作するのに対し、後者はJava Scriptが弊社の暗号処理サーバーとAPI通信を随時行いながら協調して動作します。


Fig. 1 Java Scripts for Basic features and Advanced feature

 Basic features can guard displayed imaged on the browser enough, but can not do HTML source code of the page that are intermediate data for the browser view. It means, if only Basic features, that viewers who can analyze HTML source code may be able to obtain protected images by looking into HTML source code of the page.

 基本機能はブラウザに表示された画像・動画をブラウザの画面上で保護することは十分にできますが、ページ情報がサーバーから送られてブラウザ画面に表示するまでの途中状態である「HTMLソース」を保護することはできず、HTMLソースを解析できる手段・技量を持ったページ閲覧者がHTMLソースを解析して画像・動画の置き場所を特定した場合、ブラウザ画面に表示された場合に行われる保護をバイパスして画像・動画を保存できてしまうという弱点があります。


Fig. 2 An image displayed and HTML source code

 Advanced feature compensates the last inch of above. When you display an image that was encoded using Eclips Media Guard, viewers can not save it even when he/she analyzes HTML source code. Even when he/she accesses the url of the image directly, the image doesn’t show up. It disappears like ‘mirage’.

 上記の弱点を埋めるのが拡張機能です。Eclips Media Guardが提供する暗号機能を用いて画像・動画を暗号化してからページに貼った場合、あたかもHTMLソースに画像・動画の置き場所が明示されているかのようにブラウザ画面には画像・動画は表示されますが、HTMLソースを解析して置き場所を特定しても、その置き場所には表示された画像・動画はありません。画像・動画はブラウザ画面に表示されているのに、あるはずの置き場所にはないという蜃気楼のような状態です。