Incoterms

インコタームズについてはWikiPediaでの説明がよくまとまっているので、下記に転載する。

インコタームズ (Incoterms) とは、国際商業会議所 (International Chamber of Commerce: ICC) が策定した貿易条件の定義である。1936年以降策定されているが、改正を重ね、最新版 (Incoterms2010) は2011年1月1日から発効した。名称はInternationalの’In’、フランス語のCommerce(Trade)の’co’、それに’Terms’を組み合わせた略称。

貿易取引における運賃、保険料、リスク(損失責任)負担等の条件に関する売主と買主の合意内容について、国によって用語の解釈に不一致があると貿易が円滑に行われないため、国際的に統一的な定義を取り決めたもの。 任意規則であるため、強制力はなく、貿易取引の契約書に「本契約で使用されている貿易条件は、インコタームズ2000によって解釈する」というような約款を入れることが一般的である。また、両当事者が合意すれば、例えば1990年度版に準拠することも自由にできる。

すなわち、cXML仕様書ではこれまでに発行された各バージョンごとの相違については言及されていないが、実際にインコタームズに則って貿易条件への合意を形成する場合は「インコタームズ2010によって解釈する」などのように明示する必要がある。別の言い方をすれば、現時点でインコタームズ2010が発行されている最新版ではあるが、双方の合意に基づくのであればインコータームズ2000によって解釈することも可能と言うこと。この観点から、インコタームズ2000とインコタームズ2010の両方につき要点を記載する。

インコタームズ2000

TBD

インコタームズ2010

TBD