PAXUMで日本の銀行への資金移動(Visa Debit経由)

 今回は、先日紹介したオンライン決済サービス「PAXUM」で海外で得たUSDを日本の銀行口座にJPYで移動させる作業を実際に行うとどんな感じかのお話です。

 犯罪収益移転防止法の施行によって国境を越える送金が非常に厳しく制約されています。しかしながら、昨今の世界経済の低迷により、日本国内のみを市場として企業活動するのはきつく、海外からの収益も細かく拾っていかなくてはならない時代となりました。

 この記事では、こうした背景から国外に活動範囲を広げて活動をして売り上げを得た場合に、どうやって低コストで迅速に日本円に持ってくるかの参考としてPAXUMでの例をお伝えする次第です。

PAXUMの口座は「USD」「EUR」「GBP」の3通貨でお金が保管されています。私の場合はUSDで海外から支払いを受けているので、このUSD口座から「日本の銀行が発行したVISAデビットカード」宛に出金指示をすると下記の手順でことが進みます。

  • PAXUM画面で宛先のVISAカードの番号および金額をUSDで指定
  • PAXUM側から宛先のVISAカードへRefund(返金)扱いで送金指示が発行される
  • ここで1日以内にPaxumでのトランザクションステータスが「Verified(処理依頼済み)」に変わる
  • ここから1日以内に宛先のVISAデビットの取引履歴に「返金」としてJPYで記録ができ
  • VISAデビットと紐ついた日本の銀行口座には日本円で入金がされている
  • という手順です。

    VISAデビットカードの取引明細には「MIFINITY UK LIM」と、UKにある「MiFinity UK Limited」からの返金である旨が記載されます。

     ペイパルの場合は、アカウントの国籍が日本の場合は日本の銀行にしか出金できなかったり、デビットカードに対して擬似返金して送金するようなことはできません(だったと思う)。ちなみに開設費用・維持費用が無料で海外口座(ドイツ)も作ってくれたり、無料でプリペイドカードを発行してくれるので、いかにPAXUMが柔軟で低コストかお分かりいただけると思います。

    なお、PAXUMでアカウントを作成する場合はこちらから登録ページを開けます↓。

    PAXUMのアカウントを作ってみる


     一般的な感覚では「そのVISAデビットカードで買ってもいないのに返金て?」と思うかもしれませんが、別に荒技でもないです。未曾有の困難な時代、合法的に賢く立ち回りましょう。

    19 Comments

    池田

    はじめまして
    突然すみません
    ちょっと質問したいのですが、パクサムの口座開設にはJCBカードではてきませんか?
    よろしくお願いいたします

    admin

    個人口座も法人口座も完全に本人確認を終えた状態で持っていますのでなんでも聞いてください。PAXUMはペイパルのように「クレジットカードを登録して支払いに使う決済方法」というより、ネット上にある銀行口座と考えてください。ですので口座開設自体はクレジットカードがなくても可能です。クレジットカード登録時の種別が問題になるのは、PAXUM口座にたまったお金をクレジットカードに逆流させて振り込む場合です。この場合、対象となるクレジットカードは「VISA」「Master」のみです(PAXUMのサイトにJCBに言及していることもありますが)。JCBは対象外です。なお、クレジットカードにも「プリペイド式(例:ライフカードのVプリカ)」や「デビッドカード(銀行口座と紐ついている)」などもありますが、プリペイド式には逆流振り込みできません。デビッドカードにはできます。個人的なオススメとしては年会費無料のセゾンVISAやセゾンMasterを作って置くと良いかと思います。

    yap

    質問があります。paxumの口座開設ですが、
    本人確認で運転免許証を提示しているのですが
    通りません。何か方法ありますか?

    admin

    個人アカウントですよね?私の場合、個人アカウント開設時に日本の免許証でも本人確認してもらえました。なお、法人アカウントではNGでした。確かに日本の運転免許で却下されたケースをよく聞きます。その場合、最も確実なのは、ゆうちょ銀行などの銀行が発行する「英文の残高証明書(住所入り)」を提出することです。ゆうちょ銀行の口座があるのであれば、預金通帳を持って郵便局に行って「英語の住所記載がある残高証明書を発行してください」と伝えてください。そうすると数百円で即日で発行してくれます。それをスキャンしてPAXUMにアップロードすれば本人確認は通ります。他の銀行だと費用と時間がゆうちょよりも高いと認識しています。

    yap

    ありがとうございます。
    住所確認はゆうちょ銀行でパス出来ました。
    本人確認は運転免許証か、パスポート、IDカードとなっております。
    日本の運転免許証ではクリア出来ません( ; ; )

    admin

    ご質問への回答が的を得ていませんでしたね。申し訳ありません。で、記録を確認したところ、個人アカウントの本人確認(住所確認ではなくて)のために私は警察に行って国際免許証を取得して、それを本人確認書類にしていたことがわかりました。日本の免許証で一度却下されて、国際免許証を取って写真も含むように開いて複数ページをスキャンして申請し直したら通ったと記録してありました。国際免許証は所轄の警察署で申請をできますが、申請料と写真で3000円ほどかかってしまいますので痛いところですが、これは背に腹は変えられないと警察に行った記憶が蘇ってきました。パスポートならいけるんではないかと現時点では思うのですが、なぜ自分がパスポートを本人確認書類にしなかったのか覚えていません。もし、再び的がズレたお返事をしている場合は重ねて聞いてください。でわ。

    yap

    質問があります。paxumの
    本人確認で運転免許証を提示しているのですが
    通りません。何か方法ありますか?

    ike

    郵便貯金の口座への送金は、可能ですか?
    どうやって設定したらよいのやら

    admin

    私はゆうちょ銀行への送金はしたことはないのですが、一見するとゆうちょ銀行が持つ国際的な銀行情報(SWIFTなど)を見る限りでは一般の銀行への送金と変わりなく送金ができると見受けます。

    https://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/sokin/kokusou/kj_sk_ks_gaikoku.html

    しかしながら、送金先指定(PAXUMにログインしてPayments > Transfer Funds > Wire Transfer)にはゆうちょ銀行が注意書きしている「送金仲介者であるドイツ銀行の情報も記入せよ」に対応した記入項目がないので一般の銀行宛の情報記入だと失敗して手数料だけ取られそうな印象です。

    私、自分のPAXUM口座からゆうちょ銀行に試しに出勤してみます。実際に試した結果を書くので数日後にこのページを見てみてください。

    admin

    PAXUMの法人アカウントで当該の送金フォームを確認したところ、ゆうちょ銀行が指定するドイツ銀行を仲介処理させる旨の情報を記入する箇所がありました。ですのでPAXUM個人アカウントではその入力箇所がないので、「PAXUM個人アカウントからはゆうちょ銀行へは送金できない」が結論と認識します。

    代替案ですが、ゆうちょ銀行は入会金・年会費無料のVISAデビットカードを発行しています。VISAデビットへの逆流送金はできる(はずですし、失敗してもお金は全額担保される)なので、このVISAデビットを作ってここに出金するのはどうでしょうか?

    Ryo

    質問です。
    PAXUMで取り敢えずアカウントを登録したのですが利用しなくても無料ですか?

    admin

    Ryoさん、おはようさんです。お返事です。無料です。知らない間に口座から勝手に口座維持費用が引っこ抜かれることはありません。

    AKIRA

    はじめまして
    PAXUMの法人カウントに登録している際に、メールアドレス→個人の住所等を登録した後に進んだらサインイン(ログイン画面)になり、登録したメールアドレス&パスワードを入力しても認識せずにその先に進めませんどうすればよろしいでしょうか?(再度、はじめからやり直そうとしてもそのメールアドレスが登録されていて再度登録もできません)

    admin

    AKIRAさん、おはざす。私も同じ現象にあいました。原因は不明なのですが、私の場合はPAXUMのサポート(https://www.paxum.com/contact-us)に英語で「アカウント登録が完了していないのに、、(以下省略)、ひとまず登録をやり直すから登録したメールアドレスを抹消してくれ」と連絡をしたら24時間ほどで「すまんな、削除したからもう一回頼む」と連絡が来ました。私はこれで当該事象を通過したので、AKIRAさんもこれでやりくりしてみませんか?

    AKIRA

    ご返信ありがとうございます、グーグル翻訳をしながらしていたのでそれをしなくなりましたらすんなりできるようになりました、進んでいく中でPAXUMからメールが来まして、

    1.定款または事業登録。
    2.あなたの名前で発行された有効な住所証明(過去3か月に発行されたもの);
    3.株主のリスト、身分証明書、および株式の10%を超えるすべての個人の住所証明。
    4.会社の取締役を示すビジネス/企業登録の一部。
    5.取締役の身分証明書と住所の証明(過去3か月に発行されたもの)。これをプロファイル設定>>ビジネス担当者>>担当者の追加でアップロードします。
    6.法定代理人を示すビジネス/法人登録の一部。
    7.法定代理人のID文書と住所の証明(過去3か月に発行されたもの)。これをプロファイル設定>>ビジネス担当者>>担当者の追加でアップロードします。
    8.会社でのあなたの立場を示す文書。
    9.資金源:
    10.ビジネスアカウントの目的(クライアントに提供する理由/サービス):
    11.基幹業務およびビジネスURL:
    12.推定月額預金:
    13.推定月額引き出し:
    14 。また、Paxumを通じて支払い(資金を受け取る)する企業/ユーザーの例と、送金先の企業/ユーザーの例:

    ときたのですが、全て事業登録の添付ファイルを貼る部分から提出しないといけないのですか?(パスポートの個人情報と銀行の貯金残高(英語)は添付して送ったのですが)仮に提出しないといけない場合にこれらも英語にしないといけないのですか?

    admin

    AKIRAさん、取り急ぎのお返事としてざっくりお返事しますね。
    弊社は日本ではない英語圏の国で登記したので、登記周辺に関する行政文書が英語表記です。ですので申請にあたって楽だったことは事実です。弊社が提出した書類に含まれる情報はAKIRAさんの「1,2,3,4,5,8」が記載された書類のPDFを提出しました。「9-14」については11に相当する情報を記入しましたが、書類は提出しませんでした。それ以外の項目については適当か未入力と記憶しています。
    表記言語ですが、彼らは「英語の文書で」と明確に言って来て、日本語のみの書類は却下してきました。ですので株主・代表者の住所(日本に住民票があります)については国際免許証を発行してもらったり、ゆうちょ銀行の残高証明を英語で発行してもらったりと面倒な経緯を辿りました。正直、日本語で記載されたドキュメントを受け付けてもらえないのは日本の個人ならまだしも日本の法人についてはキツイですよね。私、PAXUMは今後に日本人が国境を越えてお金稼ぎをするのに便利なサービスなのに、この日本語対応がグダグダなせいでもったいないことをしていると思ってます。なのでPAXUMと話をしようとしてます。先方の連絡待ちっす。

    AKIRA

    ご返事ありがとうございます
    承知しました、もう行政書士(司法書士)を入れてやるしかない感じですね
    (個人の力でやるのはここで限界の気がしました)

    tch

    こんにちは。口座開設の件でご教示頂きたくコメント致します。口座開設時の住所確認が通りません。
    これまで運転免許証・クレジットカードの利用明細(両方日本語のもの)を提出したのですが、ダメだったのでジャパンネット銀行発行の英文残高証明書を提出しましたが、これも通りませんでした。住所確認を通すには他に方法があればご教示ください。

    admin

    tchさん、こんにちわ。国際運転免許証(英語)もしくは郵貯銀行の残高証明(英語)をお勧めします。国際運転免許証は発行までに数千円の費用と数週間の時間を要しますが、郵貯銀行の英文残高証明なら数百円未満で即時に発行してもらえますので、ベストは郵貯銀行の英文残高証明かと思います。頑張ってくださいね。

    Leave a Comment

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    English
    English